ペットと旅行を思い立ったら・・・ペットと泊まれる宿探し ワンニャンナビ



  



虹の橋で


天国と地球を結ぶ橋があります。
その橋は、多くの色合いから『虹の橋』と呼ばれています。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる土地があります。
最愛のペットが死ぬとその場所へ行きます。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かい春のようです。
歳をとって、からだが弱っていたものは、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていたものは、元どおりの姿になります。
そして一日中、一緒になって遊んだりしています。

でもそこには、様子が異なるものもいます。
疲れ果て、飢えて、苦しめられ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別な誰かと一緒に橋を渡っていくのを
物欲しそうにに眺めています。
彼らには特別な誰かなどいません。
生きている間、そんな人間とは誰ひとりとして会えなかったから。

しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道の側に誰かが立っているのに気づきます。
彼はそこに繰り広げられている最愛の友との再会を物欲しそうに眺めています。
しかし、彼が生きている間、彼はペットと暮らしたことがなかったのです。
彼は、疲れ果て、飢えて、苦しめられ、誰にも愛されていませんでした。

そんな彼が孤独に立っていると
愛されたことがない動物が近づいて来ました。
そして
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起きました。

そうです。彼らは一緒になるべくして生まれていたのです。
この世では決して巡り合う事のできなかった特別な誰かと大切なペットとして。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
それまでの痛みや悲しみは消え、二人は一緒になれました。

彼らは一緒に『虹の橋』を渡ります。
そして、もう二度と別れることはありません。

 「虹の橋」 作者不詳

この詩はインターネットを介し世界中に広まった作者不詳の詩です。

このウィンドウを閉じる